2015年3月15日日曜日

【プチ地上の楽園・箕面スパーガーデン】HIROZ 後編

「一期一会」
出演:戸田、寺本、東出、岡部、大越、金本、佐古
2月28日から始まった新公演”一期一会”。
「新公演はぜひ見てほしい!」と広報の方に言われていた、期待の演目。
ワクワクがとまりません。

しゃがんだ状態から公演は始まった。
ロック(岡部くん)の伸びやかな歌声と、全員で板を手で叩いて奏でるリズムが会場を包む。
「ABCDEFGHIJ…」
歌詞はABCDを繰り返す単純なものながら、その独特の世界観。
”リズム”。
タップダンスをし、ブレイクダンスを披露、和太鼓を叩き、太鼓のバチで踊る。
すごい引き込まれる。
何よりみんなが楽しそうに動き回るのがいい。

30分という短めの公演ながら、
たくさんのものが詰め込まれたショーです。

最後にはたまたま見ていたちびっこも踊りながら楽しめる。
こどもから大人まで飽きさせない。
とりあえず今これを書きながらもう一回観に行きたい気持ちが爆裂してるのが今です。

あ…!これが!
これが爆裂エンターテイメント集団!!!



リーダーをやっている大越徹くんにお話を聞きました。
―――公演の間にすみません。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。いつもは公演の間にも稽古してたりするんですが、今日はたまたま新公演が始まったばかりで稽古がなかったのでよかったです!

―――公演の間にも稽古を!!?
はい。毎日やってます。

―――なるほど。あの公演の裏には稽古稽古そして稽古があるんですね。さっき「Music & Dance Live拝見しましたが、殺陣がすごいかっこよくてよだれ垂らしながら見てました。公演はどのように作られてるんですか?
殺陣は10か月前から「るろうに剣心」でスタントコーディネーターを務めていた大内貴仁先生に月2回教えてもらえることになって…。本物に近づきました!他は自分たちで考えて、作ってます。ダンスだったり、殺陣だったり、歌だったり、芝居だったり、公演によっていろいろあるんですけど。なんなら衣装もみんなで考えて、縫って…

―――衣装も!?
はい。ズボンとかは買ったものですけど、羽織なんかはお手製です。

―――衣装、超好みでした。踊るときに羽織がひるがえるのがたまんないです。
ありがとうございます(笑)

―――もともとHIROZはいつ生まれたんですか?
HIROZは6年前、石川県のNGGホールというところで月1公演を行うところから始まりました。2年前NGGホールが閉鎖になり、今は香川県のレオマワールド内にある日本元気劇場と、ここ箕面スパーガーデンの箕面座でそれぞれのメンバーが毎日公演を行ってます。

―――大越さんはいつからHIROZに?
僕は3期生で、5年間やってます。いまでは8期生までいます。6年間HIROZをやってる人もいれば、半年くらいのメンバーもいますね。20代後半が多いです。はじめは20代前半だったんですけど、後半になっちゃいました、みんな(笑)

―――アダルトメンですね。
僕も24歳で入って、あっというまに29歳になりました。ラスト20代です。

―――リーダーになられたのはいつですか?
一か月前です。元々リーダーをやっていた廣瀬が膝の治療で活動休止になってしまって…代理でリーダーになりました。

―――リーダーとは実際何をするんですか?
HIROZはまとめる作業が多いので、すごく雑務が多いんです!

―――え…っ。リーダーっていったら、「みんなをまとめる」「ひっぱる」みたいな感じじゃないんですか!?
もちろんそれもありますよ。でも、まずは雑務ですね。正直、思ったよりも仕事が多くてびっくりしてます(笑)でも、それはみんなにも振れるものは振るようにしてうまく配分をしています。

―――リーダーっていうより、もはや部長感がある。
でも全てやってこそリーダーなんで!雑務をこなしながら、メンバーみんなのベクトルをひとつにしていければいいなと思います。

―――グイグイしてますね~!毎日一緒にいますが、メンバー同士の揉め事はないですか?靴の中に画びょう入ってたとかはないですか?
ないです、ないです(笑)仲はいいですよ。打ち上げいったり、ボーリングいったり。

―――温泉地で毎日公演をやる、っていうのはアイドルとしては珍しいですよね。どう感じていますか?
まず何かをやるってなったら、場所を探すところから始まるじゃないですか。それが大変だったり。その点、僕らはいつでも舞台をできるので恵まれてます。強みですよね。でも、温泉のためじゃなくて、僕らを見に箕面スパーガーデンに来てほしい。いつかは温泉に勝つのが目標です!

―――手ごわいですよ、温泉…。
頑張ります!そのためにはまず、僕らのステージを満席以上にしていきたいです。

―――座席、テーブル、立ち見。箕面座、結構人詰め込められそうですもんね(笑)
たくさんのお客さんに楽しんでもらいたいです。

―――HIROZは何を目標にしていますか?
個々のメンバーの目標はそれぞれあると思うんですよね。モデルになりたい、俳優になりたい…。なんで、新しいジャンルにしていければいいなと思います。EXILE、AKB48、ジャニーズ、HIROZみたいな…(笑)

―――なるほど、登竜門ということですね。
そうですね。EXILEとジャニーズの中間くらいを狙っていきたいです。今も時々ファンイベントとして、香川・大阪のHIROZが全員集合して公演をやることがあるんです。1部・お芝居、2部・ライブ、といった感じで。そんな風に、HIROZはどちらもが楽しめるグループでありたいですね。

―――リーダーの目標はなんですか?
僕の目標は、ライブも俳優もやること。だからHIROZはピッタリなんですよね…。HIROZに出会えて、本当によかったなと思ってます。

―――もうすぐ夜公演ですね。新公演に対して、意気込みはありますか?
「一期一会」という公演なんですが、お客さんとの「一期一会」を大切にしたい、ということで先生に名付けてもらいました。たまたま観に来たお客さんにも、僕たちを知ってもらいたい。これももちろんみんなで作り上げました。ぜひ観ていってください。


そしてリーダーは夜公演のため楽屋へ帰っていきました。

リーダーから滲み出てた闘志。
”自分たちの手で”作り上げる公演。
その裏の、毎日の稽古と燃え盛る闘志。

今日観たものと、明日観れるものは違うかもしれない…。

ただ毎日公演をしているだけでなく、
成長していくんです彼らは。
そしておひねりレイの花を咲かす!!

みなさん、会いに行けるメンズに水をあげにいって
花を咲かせてみませんか。


ちょっと自分でも何言ってるかわからなくなってきました。
もういいから、見て。とりあえず。たのしいから。
書けば書くほど箕面が恋しくなってる。




つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿