2015年5月30日土曜日

社会の不思議

今日街を歩いていたら、
3人のサラリーマンが居酒屋から出てきたんだよね。

ひとりが上司で、ふたりは部下みたい。
そこで別れるようで
部下たちは頭を下げながら「ありがとうございました!!」って言ってたんだ。

去りゆく上司に頭を下げる部下たち…。



しかしここでとんでもないことを言い出します。
何言ってんだ君らは。



遠ざかる上司に「オイ!!」「オイ!!!」と吠える部下たち…。
響き渡る彼らの声…。


…わかるよ。
それが「お疲れ様でした!」の略であることは1000歩譲ってわかるよ…。

でもどう頑張って「お疲れ様でした」を縮めても「オイ!」にはならない
自分の言ってる言葉の意味を考えてみて超威嚇だよそれ。


「したっ」なら分かるのにどうして彼らは「オイ!!」をチョイスしたんだろう。
社会にはわからないルールがいっぱいあると改めて思った2015初夏。




よん

0 件のコメント:

コメントを投稿