2015年6月15日月曜日

メガトン級の失敗

わたしはほぼ毎日自炊をしていて、
人に振舞えるくらいの力はあると思ってるんですけど
たまに変な創作意欲が出てメガトン級に失敗します。

特に小麦粉を使う料理は
失敗と成功がはなはだしい。

そして今日…
わたしは今世紀を震わすような失敗を犯しました。

近所のスーパーで餃子の皮を見たら、
全部添加物が入っていたので
そうだ自分で作ろうと小麦粉を手に取り。

小麦粉300グラム、
40度くらいのお湯150ccを
捏ねて寝かし、
小さく切り取り薄く延ばしてみたのですが。

湿度のせいなのか、
安々と打ち粉を吸収しひとつに合体する皮。
痺れを切らしたわたしは、小さくて薄い皮を作ることを諦めます。
そう、ビックサイズ餃子の作成に漕ぎ出すのです。

そして出来上がったものがこれでした。
もはやパン。

そうだ。
わたしは餃子を作っていたんじゃない…。
初めから焼きパンを作っていたんだと自己暗示を重ね
なんとか食卓にまで出してみたはいいもののまぁ…まぁ粉っぽい!!!!



失敗のなかでも重度のキングオブ失敗焼きパンは
なかなかの粉くささでなんとも箸が進みません。

そうだ…スープにいれればいいんだ!!!


思いついたわたしはさっそく大根スープを作り、
その中に粉くさ焼きパンを投入。


もうなんだこれ。




おいしくなくはないんだけど………。
と黙り込んで感想が出てこない謎の料理を作ってしまったことを
ここに懺悔します。





よん

0 件のコメント:

コメントを投稿