2015年7月7日火曜日

家電の魅力

わたしは待ち合わせまで時間が空いてしまったら
家電販売店で買いもしない冷蔵庫見て「ああ…昔はパカパカ開けて遊ぶだけだったのに…今はもうこんなもの買える年になったんだな…」とほくそ笑む根暗な遊びを楽しむ傾向があるのですが、
とあることに気付いてしまいました。

値段で消費電力が大きく変わる。
たぶん当たり前っちゃ当たり前なんですけど、
数値で見ると家電初心者には衝撃的な事実でした。
例えばこれ。

冷蔵庫には「省エネ達成基準率」というのが表示されるのですが、
こちらの冷蔵庫は116%。
年間電気代が11340円。

それに比べてこいつだ…。
大きさはほぼ同じですが、省エネ達成基準が318%。
とんだ省エネ優等生で、年間電気代は4860円。
なんと半分以下です。
もういろんな意味で冷蔵庫界のフリーザ様と言っても過言ではない。
戦闘力が違いすぎるぜ…。

値段も倍以上なんですけどね!!!!

ちなみに冷蔵庫は小さければ電気代が安いというわけではなく
このフリーザ様の前ではサイズがいかに小さかろうと軒並み戦闘力負けします。
お一人様サイズで年間電気代10000円越えもザラです。
それだけコイツの戦闘力は高いのです。

この値段差の中には、もちろんエコ率だけじゃなくて
高性能真空断熱材が使われていたり、
ワンダフルオープン、トップユニット方式、ローウエストラインと取りやすい工夫がなされていたり
微凍結パーシャルといって肉や魚を冷蔵でも長持ちさせる温度に保ったり
野菜をシャキシャキに保存したり
とにかくいろんな機能がついてます。


今は安いものを探せばいくらでも安く買えちゃう時代だけど、
本当に必要なモノが何か?を見極めるのは必要なことだよね。

というわけで来たるべき日のために、今は必要もない冷蔵庫の調査を続けたいと思います。
そんなわたしはデート中時間持て余したらとりあえず家電量販店に行けばいいと思ってる系女子
友人に言われたら「いや、そこまで家電量販店万能じゃねーぞ」と言われましたが
わたしは信じない。信じないぞ。


最後に家電量販店フェチから店員さんに一言申したい。
「大丈夫ですか?」と聞かないでください。
むしろ大丈夫じゃない状況ってどういう状況だよ!!!!
心配いただかなくても大丈夫だよ!!!
そこは「何かありましたらお声かけください」とかだろ!
家電量販店なんて店員さんのアドバイスが全てみたいなとこあるから
多分そういう何気ない言葉のチョイスって
もろ販売実績に直結すると思うのでアレよ。
「大丈夫ですか?」とか言っちゃうアナタ、成績伸びないわよ。
大丈夫じゃないのはのアナタのほうよ!!







よん

0 件のコメント:

コメントを投稿