2015年8月12日水曜日

恐怖と鼓動

夜中ふと家のドアに目をやると
知らない男が侵入しようとするところに遭遇…

入ろうとするところで目が合って、
わたしに気付いた彼はそそくさと逃げていったものの
叫ぼうとしてるのに声が出ない。
という夢をみました。(夢オチ)

どんなに頑張っても空気が出ていくだけで、
全く声が出てこない恐怖。

夢のなかだけでなく
実際ベッドの上でなんとか声を上げようと頑張っていました。
無駄な努力すぎるし、
成功したら成功したでものすごい近所迷惑な夢見やがって…!

この夢を見て目覚めたのが3時…。
恐怖で一気に鼓動が早くなり
それを今まで引きずっていて全く疲れが取れた気がしません。

こっちは疲れ取るために寝てんのに
自分で疲れを倍増させるってどういうことなんだ!
なんて非効率なんだ!!許せん…許せんぞ!!!

ただこんな夢をもう二度と見ないためにも
防犯ベルを枕元に備えようと思いました。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿