2016年1月21日木曜日

今できること

最近、「格安」を求めるが故の事件が連続的に起きている。
バスツアーしかり。廃棄カツしかり。
もっと辿れば、原発くらいから続いてると思うんだけど…。

メディアは買い手ベースで「人々が格安を求めるから」って口々に言うよね。
でもそれが正しいとはあんまり思えないんだよな。
「市民が安くしなきゃ買わない!」って言ったかといえば、本当はそうじゃない気がする。
売り手側…企業や市場が、「買わせるために安くしろ」って利益だけを追い求めた結果が今なんじゃないかと。
目的が「製品やサービスを売る」じゃなく「儲けを出す」でしかないからこんなことが起きるんじゃないかと。
「安い」っていう選択肢があるから、
人々はそっちを選ぶだけで
本当はここまで安くなっちゃいけないものを、「格安」として提供する。例えつぎはぎだらけでも。

「適正価格がこれくらいです、ここにこれだけお金がかかるのでこれ以上安くできないんです」って
説明する企業努力があれば、それはそれで買い手は納得すると思う。
それを怠って、利益ばかりを求めて、「安くする」しか追求しない。

その利益は利権を生んで、同じような企業を巻き込んで、
そういう市場が生まれ…。
さらに「安くするためのルート」が作られていく。
でもつぎはぎばかりだから、
こうやってぽろぽろボロが出る。

本当に、アホじゃないか。
どうしてこうなるまで、自分たちの非人道的な行いに気付けないのか。
どうしてお金はここまで人を狂わせてしまうのか。
お金があれば、他人はどうなってもいいのか。

生まされてひどい環境で育てられ殺された挙句捨てられる豚は。
乗ったこともない大型バスで運転しなきゃ生きていけなかったおっちゃんは。
旅行に行くはずが被害に遭って未来を失ってしまった乗客たちは。
福島に住めない人たちは。

どうだっていいのか。
どうしてこうなってもまだ変えられないのか。

自分も、安ければついつい乗ってしまいがちの安物大好きピーポーなんですけど
今できるのは「物が来た道をたどって、怪しいものは手をつけないこと」しかないのかな?
企業努力の末安く商品を提供できる…例えばLCCみたいな、
安くなる理由が分かるものなら、喜んで選んでいいと思うんだけど。
難しいね。生きにくい。
でももっと、何かを買うにも、選ぶにも背景を考える「想像力」を働かせなくちゃいけなくて、
それくらいの頭は使うべきなのかな、って思います。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿