2016年2月28日日曜日

うさこの眠り日記1

これは常に眠いで評判のうさこが
全うな人生を送るべく悪の睡魔と戦い
心地よい目覚めを皆さまにお届けしたいコーナーです!!



「寝坊するといつもより多く寝てるはずなのに1日ずっと眠いのは一体なぜなんだろう」ってずっと思ってたんだけど
今日ようやくその理由が判明しました。

ズバリ!!!
体内時計が狂うから。

特にカーテンも開けないで日光を浴びずに
暗い部屋の中お布団でゴロゴロしてる…なんていうのは
もう体的には「オッケー夜なのね!よし寝よう!!」ってなり続けるようです。
これは飛行機乗ってて時差ボケするのと同じらしい。

それだけ、「時間」っていうのは頭ではなく
体で認識するもんなんだね。

もし心地よく目覚めたいのなら
起きてすぐに太陽の光を浴びることが
一番の目覚ましとなるようです。

世界にはどうやら光で目覚めるというその原理を利用した「光目覚まし」なるものもあるらしい。
朝自らカーテンを開けなくても光が入るようにカーテンを開けてから寝るっていう選択肢もアリだな…。

ついつい暗い穴蔵のような部屋を好みがちの闇に潜みし元中2病ですが、
ついに光との共存を考えていきたいなと思います。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿