2016年3月10日木曜日

正義のヒーロー

最近のSNSでよく見る「自分の正義を貫くためには誰を傷つけてもいい」タイプのひとって、
本当に正義なのかな…っていうのを長いこと考えてるんですけど。

振り返ってみればオーソドックスな戦隊ものってそうだよね。
「自分」と「敵」という関係性のなかで、
「正義」のために(時には5:1という卑怯な状況でも)敵を倒す。

それって正直正義じゃないよね?

本当の正義のヒーローっていうのは、
戦わずしてその場を平和に解決できる人なんじゃないかな。
「こっちの言い分はわかった。こっちの言い分もわかる。
 じゃあ、共存していくためにはこういう解決ができるんじゃないか?」っていう…。

たとえばショッカーは何で戦うのか?とか。
人の「背景を察する」のは、コミュニケーションにおいてとても大事なものだと思う。
wikipediaで調べたら、「知力や体力に優れた人間に改造手術を施して洗脳された怪人」らしい。
そんな人を倒すのが正義のヒーローのすること?
正義のヒーローは、ショッカーを悪の組織から解放してやれてこそなんじゃないかな…。


だからSNSにはびこる自称・正義のヒーローのみなさんも、
何か「正義だとは思えないこと」が目の前にあったとしても突然殴りかかるのではなく
どうか「なぜそうなったか」「どうしたら解決していけるか」っていうのを導いていける
本当のヒーローになってほしいなって思います。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿