2016年3月11日金曜日

5年

あれから5年。
何も変わってない人もいるし、全てが変わってしまった人もいると思う。
あなたにとって、どんな5年でしたか。
わたしにとっては「信じていい世の中じゃない」と気付いたきっかけだったので、
あれからたくさんのものを疑うようになりました。
食べ物の安全。政府。日本。地球。人間…。
たくさんのものを疑うようになった末、今や立派な健康オタクとなりました。
「大変」というのは、「大きく変わる」ということ。
我々は、大変なことが起きた時に、何かに気付かなきゃいけないんだと思うんだよね。

すぐに「元へ戻そう」とする力が働くけど、
「危ない」って気付いたならそれはやめるべきだし、
どうやったら危ないことを減らした世界が作れるかってことを
考えるべきじゃないかと思うな~~。

阪神淡路大震災では、仮設住宅が解消された5年。
5年もたっているのに未だに「当たり前の生活」を送れない人たちがいるのはなぜだろう。
人間にとっては「5年」って大きなもので、失うことができないものだけど
こんな長期的なスケジュールみたら、「5年も」じゃなくて「たった5年」なんだなって思わされる。
「最長2051年まで」というざっくりしたスケジュール。
終わるはずがない。

今日だけ振り返るんじゃなくて、
もっと考えないと。「今日本で何が起きていているのか」を。

みんなが笑顔でいられる世界がどんなものかっていうのを
改めて考えなおしたいね。


追悼。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿