2016年4月15日金曜日

ばーちゃん

昨日熊本で発生した大きな地震について。

熊本宇土市(5強)のばーちゃんと連絡しました。
「大丈夫だったけど、怖かった~。
 立ってられんかったけん、這って進んだ。
 じいちゃんは寝てて少しも起きんかったけど…
「いっぱいグラスとか皿が割れとってね。
 もう仕方ないけん、全部捨てて買いなおすよ」
「あれからも、ずーっと余震が続いてて…それが怖かった」

いろんな意味でじいちゃんは心配だけど、
無事で何よりだ~~~~。

こういう時、若い子ならSNSで発信って手段があるし
使おうと思えば伝言ダイヤルがあるけど、じじばばはそんな技術を知らない。
結局、「電話」に頼るしかなくて
アクセス集中、電話線パンク、なかなか繋がらない事態。
不安でしょうがない時間…。

もっとじじばばが活用できるツールがあったらいいんだけど、
そもそも「新しい何か」を導入するのがイヤだったりするので
そこが難しいところですね。

遠くに住んでるならなおさら、
「地震が起きたらこうしてね」「こうしようね」っていう段取りを、
あらかじめ一緒に決めておくのが向こうのためにも、こちらのためにも
大事かもしれないなと思いました。

まさか熊本でこんな大きな地震が起きると思わなかったな…。
日本に住んでる以上決して「他人事」と思わず
備えなきゃいけないね。

被害に遭われた人が一刻も早く、いつもの生活に戻れますように…。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿