2016年4月16日土曜日

続く不安

01:25 震度6強
01:30 震度4
01:44 震度5弱
01:46 震度6弱
01:56 震度4
02:04 震度4
02:18 震度4

熊本を襲い続ける余震は、
深夜でも遠慮なく人々を襲う。
さっきは津波注意報まで発令された。

思わず、深夜にも関わらずばーちゃんに電話。
案の定起きていたばーちゃんはすぐに電話に出た。
「大丈夫だけど、タンスも倒れてきて、中身が出て…。家のものみんな割れた…
 でも、仕方ないね。頑張ります」
言ってる内容と反対に、想像以上に弱々しい声。
そりゃそうだ。ずっと不安に苛まれているんだから。
「あ、また来た、揺れてる、」
電話中でさえ、新しい揺れがばーちゃん家を襲う。

何もできないのがもどかしいし、
本当に他人事じゃない。こわい。

祈ることしかできないけど、
地学の先生をしている友人からのアドバイスを…。

①ニュースはTwitterではなくウェザーニュースから仕入れると早い
http://weathernews.jp/quake/
②近所の公衆電話の位置を確認しておく(優先的に回線が使えるので、安否確認に便利)
③早めに避難所に行く。大丈夫と思わない。
④心配だなと思ったら相手の迷惑とか考えずとりあえず電話しろ。後悔しないためには。

無事に収束しますように…。
ばーちゃんやじーちゃん、そして熊本の人たちが安心して寝られる夜が一刻も早く訪れるよう
心から祈ります。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿