2016年6月24日金曜日

考えるis大事

先日アメリカ人ハーフの友人と夜な夜な社会の話をした。
深夜の激アツな時間…。
アメリカで育った彼女には
理解できない日本のことがたくさんある。

・日本の大学の制度について
「日本の大学は入るのがゴールだから、学校に入れたら勉強しない。
 アメリカの大学は入るのがスタート。授業も難しくて、頑張って勉強しないと卒業ができない。
 日本は”学歴をもらいに行くところ”でしかない。それって意味あるの?」

・ひとつの会社にずっと勤めるシステムについて
「アメリカでは転職って当たり前。もっとスキルを身に着けて、よりよい会社に行く。
 会社も新しい人が来て、刺激を受ける。とてもwin-win。
 日本は長く働いたっていう理由で、昇進したりする。
 そこには何も目標がない。それで成長しろって言うほうが無理だと思う」

そんなアツい夜のあと「ガールズトーク(社会の話)で盛り上がった!!」っていう話を日本人男子にしたら
「ガールズトークって男の話をしてればいいんじゃないの?」
「俺だったらそれは寝る」と…。

その人を悪く言うつもりはないんだけど
なんでこんなに「社会の話」っていう選択肢がないんだ!????
とても不思議な気持ちになった。
恋愛の話も、社会の話も、仕事の話も、
同じく生きていくために必要なものでは?
社会に参画している自覚がなさすぎるよ!!!!

もっと気軽に社会のお話ができるべき。そういう風潮を、作っていくべき。
で、「意見が違ったら敵」っていう考え方をしがちなのも変えていきたい。
「なんでそう思うの?」「なるほど、そういう考えもあるのか」「でもそれってこうじゃんじゃないの?」って意見が交流できてこそ
健全な社会だと思うよ。

押し付けるタイプの思想系の人はわたしも嫌だな~~~と思うけど
みんなで考えることは生きていくうえで必要不可欠。
他人に任せたらその時点で文句を言う筋合いはない。




よん

0 件のコメント:

コメントを投稿