2016年7月29日金曜日

ポケモンGOはわるくない

ポケモンGOが連日連夜悪者のようにメディアで語られておりますが…
ポケモントレーナーのわたしも思う。

スマホ片手にフラフラフラフラするのはやめよう!!!!
特に夜、ぼんやりスマホのライトに照らされながら表情もなく近所を徘徊する若者を見たら
スマホに親和性のない世代ならなおさら思うよね。


ただね、おばあちゃん。
ポケモンGOは歩きながらする必要がないゲームなんだよ。
ポケモンが出てきたらスマホが震えて教えてくれるから見てなくても気付けるし、
ポケストップも端によってからくるくるっとすればいい。
悪いのは「歩きスマホ」であって、「歩きスマホ」と「ポケモンGO」はイコールじゃない。
全部のものが使い方次第で悪いものになれる。
野菜を切ってくれる包丁だって、悪い人がつかえば人殺しの道具になる。
ポケモンGOが悪者じゃないことをわかってくれるとうれしい。

ポケモンGOをやることが現実世界を拒むことだとも思わない。
各地に設置されたアイテムがもらえる「ポケストップ」は、
分かりやすい名所だけでなく普段なら気付かないようなスポット(地味すぎる時計台とか、モザイクタイルの壁とか)もあって
「こんな場所がこんなところがあったの?」っていう発見になるのもすごく楽しい。
普段なら行くことのないところに足を運びたくなるのもいいところ。

「ゲーム」で終わらせるか、
「現実世界のためのもの」にするのか、
それも使うひとの手にかかってると思う。

わたしはよきポケモントレーナーでありたい…!
そう思ううさこであった。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿