2016年8月15日月曜日

守りたい

終戦から71年。
産経ニュースより)
写真左が、焼け野原だったころの東京。右は70年を経てビルが立ち並ぶ東京。

8月15日の玉音放送から、日本は敗戦を越えて
高度経済成長、バブル崩壊、
71年という長い時代を経て今の日本がある。

今の日本はどうでしょう。
平和であることは、そんなに難しいことなんでしょうか。
71年続けてきた「戦争をしない」「武装をしない」っていうのは、
そんなに続けるのが難しいことなんでしょうか。

かつての大戦を振り返ったときに
「なぜ戦争が生まれるか」の答えが「悪い大人が国民を扇動したから」だったとするのなら、
次にどんな悪い大人が生まれようと
「いや、無理です戦争!」って言えるような国民でいるしかないのかなと。
そのためには、
・何の情報が一番正しいのかを、誰に言われたからではなく自分の目で見極められること
・国籍問わず隣人と仲良くすること
・気に食わんやつがいたら話し合って折り合いをつける術を身に着けること
が必要なんじゃないのかなと
わたしは思います。

このひとりひとりが発信できる時代に、
国単位で人を嫌ったり差別したりなんてことほどばからしいことない。
世界に友達を増やして、
国対国ではなく、人対人で生きていける時代にとっくになっている。
「○○の国の人は○○らしい」って情報に泳がされないで、
ちゃんと見よう。知ろう。

暴力が愚かしいことくらい、みんな知ってるんだから。


よん

0 件のコメント:

コメントを投稿