2016年8月24日水曜日

隠しのうさこ

ようやく気付いたことがある…。

仕事に必要なものも含めて物は増える。
捨てられるものにも限界がある。
身近に置いておきたいものもある。

断舎利が無理な自分には、そう
たったひとつしか術がない。

”隠すこと”―――

そうだ。
わたしに残されていたのは隠蔽しかなかったんだ。

気付いてからというもの、
300円ショップで箱を買い漁り
これまで雑然と物がちらばっていた机の横にボックスを置いた。
仕事に必要なものを入れてあると見せかけて、
わたしの非常食ボックスの一面を持つ。(仕事に必要なもの)

他にも棚にバラバラ置いてあったものも、
全てボックスの中に入れ込んだ。
こうやって、パッと見たときに物が視界に入らないようにすれば
それだけでキレイに見える。

一度でいいから…「部屋キレイだね」って言われたい…!!

「隠しのうさこ」としてこれから生きていきたいと思います。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿