2016年10月23日日曜日

ユメ

わたしはずっと民族文化に興味があって
いろんな各地の博物館に行ったり(名古屋のリトルワールドや大阪のみんぱくなど)
東京のアイヌ文化交流センターに行ったり
個人的に調べたりしてたんですけど

台湾の鳥来ではじめて少数民族が住んでいた現地で民族文化に触れたことによって(詳しくは後日)
こう…胸にこみあげるハイな感情が止まらなくて…


素足で走り回ってた
広大な山、激しい河。
その景色を肉眼で見ることで
一気に存在がリアルになる感覚…!
本で読んで、情報を得るのとは全く違う。
自分の頭の中にその人たちの生活が描かれていく。

帰って来てから
前後編で5時間にも渡る超大作「セデック・バレ」を見て、
図書館で本を借りて、
迸るアツい気持ちを止められず
「現地で見たい」という欲求がドンストップで
うさこ~旅人ver.~に変身を遂げそうです。

鉄は熱いうちに打てと言いますので
欲望に従って研究者になる。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿