2016年10月8日土曜日

他人と自分は一緒じゃない

人はそれぞれのものさしを持ってるってことが
分からない人がなんて多いんだろう。

誰かにとっての「つらい」を、
「何でそんなのでつらいとか言ってるの?俺なんて(以下略)」
「甘えてる」とか、
横から口出してくる奴がいる。

あなたがそれに耐えられるなら、
あなたはその世界で生きればいい。
でも耐えられない人だっている。

例えば黒板でキーッてやりつづける人がいる部屋に放り込まれたとして、
苦手な人はそこにいるだけで辛いと思うんだけど
平気な人にとってはなんてことはない。
「何悶えるの?」「じっとしてなよ」なんて言われるのは
苦手な人にとってはどれだけ地獄か。

辛さなんて目に見えないから、
勝手に自分の尺度で測りたがる。

たったひとつの言葉で再起不能になる人もいれば、
何を言われても大丈夫な人もいる。

みんなそれぞれのものさしを持ってる。

今回の働き過ぎ自殺が労災認定事件もそうだけど、
「もっと残業してる人だっている」
「死ぬ前に辞めれば」とかじゃなくて、
「死ぬほうが楽だって思っちゃう人もいる」
「こういうことで追い詰められる人がいる」という、
他人のものさしを知るきっかけにはできないんでしょうか。

そんないっぱいいっぱいのひとを見かけたときに、
「休んでいいんだよ」って
声をかけてあげられるようになるきっかけにはできないんでしょうか。

こんなときでも他人と自分を較べて
ああだこうだ言うような社会だから、
こんな悲しい事件が起きてしまうんだと思う。

もっとみんなが心穏やかに生きていける社会になるためには
自分と他人を切り離して考えよう。
昨日も浜田ブリトニーが整形失敗した話に
「お前にそんなの求めてない」「そんなんならもう死ねよ」みたい意見がいっぱい寄せられてるのを見て、
誰もあなたのためだけに生きてないですって思った。
SNSで距離が近く感じてしまうからか、
勝手に他人を自分の一部だと思いすぎてない?



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿