2016年12月12日月曜日

ワールドワイド時間サヨナラ

光陰があまりに矢の如しすぎるので
人類みんなそう思ってんじゃないかな???と思い至り、
各国における「光陰矢の如し」を調べてみました。

☆英語
「Time flies」:時間とんでく。
なんてどストレートな言い回しなんでしょう。
完全に同意です。
とはいえ、基本的には
フランス語、ロシア語、ドイツ語、などなど
多くの言語で時は飛んでく方向で考えられているようです。
いずれにせよ各国の人が時間飛んでくわー!と思っていることがわかった。

☆フランス語
「Le temps file.」:これも英語と同じ言い回し。
でもこんなのもあるみたい。
「La marée n'attend personne.」:潮は誰をも待たぬ(=歳月は人を待たず)
ありがとうこういうの待ってた!!!!
フランス語のイメージそのままのロマンティックさです。ありがとう。

「光陰矢の如し」は元をただせば
「光陰如箭」という中国語が語源です。
唐の時代(西暦700年くらい)に李益さんという高官が言い始めたころから
ずっと使われる歴史ある表現らしい。
人類みんな思ってるどころか
太古の昔からみんな思ってた。よかった。安心する。

安心して何もかもを時間が早すぎるせいにしよう。


よん

0 件のコメント:

コメントを投稿