2016年12月21日水曜日

赤色警報

先日、中国では赤色警報が発令された。
赤色警報というのは「端的に言って空気汚染がマジヤバい」ということです。
青色、黄色、オレンジ、赤色と4つ段階があるうちで最も深刻だということ。
学校や工場が休みになって、
外出は控えよう!という話になる。
強化版「光化学スモッグ」です。

わたしが中国・上海に行った3年前も、
日によって遠くのタワーが見える日があって、
「天気予報」とは別に「空気予報」が必要だった。
空気が悪い日に外を出歩いてると喉が痛い。
夜になると声がガサガサだったりした。

そんな中、空気汚染の一因ともいわれる
旧正月の花火や爆竹を押さえたムービーが過去のフォルダから発掘されたので
ぜひご覧ください。
そこら中から聞こえる爆発音
あちこちで上がる火花
もうほんと戦としか言いようがない。
空気汚染を懸けて行う決死の盛り上げだとするなら
あながち間違いではないのかもしれない…。

今はとにかく、
大使館が「玄関や扉の隙間をテープで塞いで」と呼びかけるほどの汚染が
これ以上ひどくならないことを祈ってます。


よん

0 件のコメント:

コメントを投稿