2017年1月9日月曜日

ワールドワイド・ピコ太郎

恐らく、多くの人はピコ太郎について
「ジャスティンビーバーがリツイートしたことで有名になった」くらいのイメージしか持っていないかもしれないが
実は遥かにピコ太郎(及びPPAP)は世界でウケている。

「do you have pen?」って聞かれた台湾の友人が
突然「アイハブアペ~ン!」って歌いだすくらいには
海外でもPPAPはスタンダードだし、

この正月ピコ太郎CMバンバン流れてるな…とみんな感じたと思うけど
(PICO太郎VS王祖蓝-PPAP买买车)
中国の広告にだって出てる。
なんとこれの再生数は2000万越え。
さらにSNH48の子たちによって「踊ってみた」も作られ、拡散はとどまるところを知らない。
(SNH48 张语格 许杨玉琢 神舟买买车广告模仿 PPAP)

もはやピコ太郎は日本に留まらず、
ワールドワイドな広告塔として活躍している。
日本ではしがない一発屋にしかなれなかったかもしれないけど
世界だったらどうだろう。
この中国の広告だって、上手な中国語もあいまって「日本人が中国でCMしてるよ」っていうよりは
「ガチの中国CM」っていう印象を覚える。

ピコ太郎ははじめから日本だけのものじゃない。
世界のピコ太郎だったんだ…。

最初から土俵をひとつの国だけに設定しない商売。
日本人がどんなに「終わったなw」「もう飽きたw」って茶々入れようが、
思う以上に世界でウケてる。


わたしは「PPAP」より「I LIKE OJ」より「貸してくださいよ」が好きです。




以上。
よん

0 件のコメント:

コメントを投稿