2017年1月28日土曜日

人の心が嘘を作るはなし

「マクドナルドの肉の正体が明らかに」の根拠は そもそもの裁判がなかった?

マクドナルドの肉には骨なし成型肉とアンモニアが練りこまれたものが使われていることが
裁判によって判明した!というのが、嘘だったよ、っていうお話。

嘘だったにも関わらず大衆の関心を集め、
66千ものシェアを記録した。

こういう不安を煽る記事って、
基本疑ってかかった方がいいと思ってる。

そもそも、「だからマクドナルドはだめ!」とかいうけど
値段と商品のバランス考えて均等が取れてないものは
どこかに何かがあるに決まってる。
この成型肉の情報が嘘だったとしてもね。
普通に心地よい牧場で育てられた牛肉を
普通にひき肉にして
普通に一生懸命調理して
あの値段でできると思いますか?
絶対そんなわけないでしょ。

わたしは添加物を摂らない生活をしてるけど、
添加物に有用性があるから使われることはわかってるし否定もしないよ。
誰かに「添加物は必要なんだ!」って言われたら、
そういう意見もあるかもねって感じ。
でも、自分が摂るなら
添加物ないものがいいよね?ってこと。
昔からやってきた丁寧な作り方のもの、
卵ものびのび育った平飼いの鶏さんから生まれたやつがいいし、
こどもに食べさせるなら当たり前にマクドナルドより手作りごはんのがいいよね?って。
その「当たり前」を訴えるのに、
どうして衝撃的なタイトルじゃなきゃいけないんだろう。
どうしてそういうものじゃなければ
人々は心を動かされないんだろう。
今のバズメディアを見ていると、
そういうとこがとても悲しくなる。

ナメられてるよ、読者。
本当に大事なことなんかより、
嘘か本当かは置いといても扇動的なもののがいいんだろって。
それでしか、お前らの心は動かねーんだろって。

それでしか反応しないから、
そういう記事が増えていくんでしょ。

もっと、危機感じゃなくて
自主選択で生きようよ。
選択肢を潰していくんじゃなくて、
選んでいこうよ。
人々の意識改革が、いま、
必要なんじゃないかなって思います。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿