2017年3月11日土曜日

今日だから

あの日から6年。
裏原のオシャレなカフェで被災して、
怖くなって道路に避難したひとたち(パーマ中の美容院客含む)みんなで
おびえながら揺れる電信柱を眺めたあの日から、6年。

何かのターニングポイントになってしまった日を、
こうやって振り返ったり
亡くなった方のご冥福を祈ったり、
被害に遭った方の心の平穏を祈ったり、
日々に忙殺されて忘れがちな原発のことを「そういえばどないなってんねん」って思い出したりするのは
きっと大事なこと。

そして、こういう日があるから
「防災」ってものについて
改めて考えるべきだよね。
去年も今年も各地で地震があって、決して他人事じゃないから。

わたしはとりあえず熊本地震あと、
「とりあえずトイレは確保しないとやばい」と思ってトイレにかぶせられるように黒いビニール袋と
液体を固める化学物質を買って、
水を最低6本は常備して、
いくつか健康オタクにもやさしいレトルト食品(にしきやさん様様)も置いた。

人生で大切なのは
最悪の場合への対策をすることだよね。
「大丈夫!」と思わないで、
「最悪こうなったらどうしよう」を考えておくだけで
きっといろいろ変わる。

備えあれば憂いなし、
今日だからこそ考えられることがあると思う。



黙祷。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿