2017年4月10日月曜日

愛しいニホンゴ

外国人が使う拙い日本語ほどかわいい言語はないと
常日頃から思っているんですけど

フィンランドで恐ろしいアニメが公表されました。

これはフィンランド大使館のtwitterでも紹介されていた
若者の選挙への関心を高めるために作られたアニメ…。

(歩いてくる高校生男女)
「なー。あなたのキーはセンキューでトゥーヒューする人を決めましたか?」
「んぁー。わたしは決めることができません。多分投票しますぇん…」
「ほんとーにトヒョーはジューですー!」

しかし何故か日本語にフィンランド語字幕。
それにしてもなんて…なんておぼつかない日本語…!
初めの男性の言葉が聞き取れなさすぎて10回くらい繰り返しましたが、
どう頑張っても聞き取れませんでした。
未知の語学に挑んだ心意気がすごすぎる。

全然分からないんだけど、
愛しさがこみ上げるよね。

世界で一番大事なのは言語じゃない…気持ちだ…。


よん

0 件のコメント:

コメントを投稿