2017年4月20日木曜日

死んだ目のコンビニ立ち読みおじさんたち

この前夜、見ちゃったんですよ…。

駅前のコンビニの漫画コーナーで

ズラリ並んで立ち読みするサラリーマンたちの姿を…!!

いやいや君たち!!
どれだけ帰りたくないねん!!!!!
彼らがどれだけ死んだ目をしてたか…。
ウォーキングデッドのゾンビのがまだ生き生きした目ぇしてるよね!!!

寂しさを紛らわせるように、
何も考えなくて済むように
・同じような人たちと飲む
・女の子がいる店に行く
・喫茶店で時間をつぶす
・飲み屋でくだを巻く
とあの手この手でただただ時間を浪費する
時間を持て余したおじさんたちの中でも
最も下位にいるのが、そう
コンビニで立ち読みおじさんです。

いや、買えや…。邪魔や…!
彼らはその本を読みたいわけじゃない。
少しも興味なんてない。

そこに漂えたらそれでいい。
中身なんて少しも頭に入ってないよ。
それ…。
楽しい…?

みんなと飲みたいなら飲めばいい、女の子がいる店に行くのもいいよね。
否定しないよ。
でも
仕事する→時間潰す→帰る→寝る→仕事する という途方もない毎日を繰り返して浪費する
まるで時が止まった、操り人形のようなあの生気のないおじさんたちを見てしまったら思うよ
この国は大丈夫なんだろうか…?

そんなに考えることを辞めなきゃ
感情を捨て去らなきゃ
生きてゆけない世界なのかな…。


滅多に行かないコンビニで
衝撃を覚えた出来事でした。



よん

0 件のコメント:

コメントを投稿