2017年4月11日火曜日

オバチャーン@岡山ファーマーズヴィレッジ

――4/8(土)、岡山県津山市。
自然あふれる美作の「おかやまファーマーズヴィレッジ」で、
5年目となるHANAFES'17が行われた。

そこに呼ばれたのは、
今年も平均年齢63.5歳のアイドルグループ”オバチャーン”である。

これまで数々のフェスに出場して観客を興奮の渦に巻き込んできたオバチャーン、
久々のフェスで一体どんなステージを見せてくれるだろうか。

14:00過ぎ。
一時激しく雨が降ったものの、
オバチャーンのステージが近づくと一切の雨が止んだ。いつもそうだ。
オバチャーンの出番になると、降っていた雨が止む。
何の魔法を使っているんだ…。

オバチャーンが出場すると、これまで雨もあって散り散りになっていた観客が
一斉にステージへ寄ってきた。
フェスにおけるオバチャーンの吸引力には定評がある。
これはメジャーな音楽ファンが集まるフェスa-nation、
玄人向けの舞音楽祭、
変わったもの好きのおひとりさまフェスと
どんなフェスでもそうだった。
このHANAFES'17でも飛び道具力を存分に発揮する。
今回特徴的だったのは、子どもが多かったこと。
元々ファーマーズヴィレッジということで、子どもが多いイベントということもあるだろうが
子どものほうから積極的にライブに参加する姿が見受けられた。
先日2/12に通天閣で行われた5周年ライブでも踊り狂う少年たちがステージにあげられるハプニングがあったが、
ここへ来て”オバチャーン”と”子ども”はひとつのキーワードになってきているのかもしれない。
オバチャーンのコミカルでキャッチーなダンスや見た目は、
予想以上に子どもの心を惹きつける。
今回は開演前の寸劇に「桃太郎」を用意したところも、
子どもたちを集めた理由のひとつだろう。
ラストの飴投げで、完全に心を掴んで
彼女たちの出番は終わった。
観客全員がステージ前に殺到したといっても過言ではない。

終演後はグッズを買ってくれたら記念撮影というアイドルさながらの即売会を行っているが、
接触したがるちびっこの多さたるや。
ちびっこはオバチャーンに興味を示し、
オバチャーンもちびっこたちを愛でる。

ここに、「高齢化社会問題」「少子化問題」の解決の糸口があるのでは…と、思わされるような
平和な世界がそこにあった。

もしかしたら日本の未来はオバチャーンが握っているのかもしれない。



オバオタ

0 件のコメント:

コメントを投稿