2017年5月6日土曜日

悪口を言うヤツが悪い

前に博物館に行ったときに
ひとりで来てたおばちゃんと仲良くなったんだよね。

「うちなー神戸から来てん!」
わたしたちはいろんなところでバッタリ出くわしては
おしゃべりをする不思議な関係に。

もうなかば一緒に博物館を回って楽しく過ごしたんだけど、
おばちゃんは去り際に言った。

「ここはなー、中国人韓国人がおらんから静かでええな!
 うち嫌いやねん!」

わたしは得も言われぬようなもったいない気持ちになった。

こんなに楽しい時間を一緒に過ごしたのに、
どうしてマイナスの話をする必要があるんだろう。
言ったらおばちゃんも結構やかましいよ!!!??
それも楽しかったんだけど、
「ああ。おばちゃんは悪口を言う人だったんだな」って思ってガッカリしちゃった。

博物館でうるさくてイヤな思いするなら、
注意すればいいだけ。「日本の博物館では静かにするのがマナーなんだよ」って。
自分で出来ないなら、係の人にお願いすればいい。
外人でもおばちゃんよりマナーいい人だっているよ。
それを国でまとめて「嫌い」って言っちゃうのって、
すごく浅はかだしピースフルじゃねえな~~って思いました。
わたしなら、「日本人嫌い」って出来れば言われたくない。
悪口を言うってことは、誰かを悲しませることになるんだよ。

だけど実は
悪口を言うのは「自分に解決する力がないです!」って
言ってるのと同じなんじゃないかな?
イヤなところがあるなら直してもらえばいい。
それが出来ないなら見えないところまで遠ざかればいい。
そのどっちもできないから、不毛な悪口を言うしかなくなっちゃうんだ。

自分は悪口を言うんじゃなくて、改善策を言える人間になりたい!!
わたしはそう思う。


よん

0 件のコメント:

コメントを投稿