2017年6月21日水曜日

須藤凛々花に開拓してほしい世界

連日連夜、須藤凛々花がAKB48総選挙で結婚宣言をしたことがこれでもか!これでもか!ってくらい話題になっているよね。

正直、今回の総選挙は懐古厨のわたしからしたら超どうでもよくて
鼻水垂らしながら見てたんだけど…。
そこで起きた、
りりぽん「結婚します!」宣言。
オタのみならず、社会を巻き込んでの大騒動となった。

これについてわたしが思うこと
・発表した場所はオタクに対して最低だけど、須藤凛々花が爪痕を残す、総選挙を盛り上げるという点では最高だった
・ただこれを仕向けたのは悪趣味な大人たちだと思われるので、一概にりりぽんを責めるのはやめてあげて

そしてこれ
・せっかくならこのままアイドルを続けて「女子アイドルの限界」を越えてほしい

Twitterを見ると、「もうやだ。現実見た。オタ辞めます」って言ってるアイドルオタ(多くはりりぽんオタじゃない)もいるけど、
「りりぽんの選ぶ道を応援したい!」って言ってるオタクも多い。

女子アイドルはいつだって「年齢」にも「恋愛」にも勝てなかった。
男子アイドルを探せば、40歳越えた既婚者なんていくらでもいるのに
女子アイドルにはそれが許されない。

二十歳を越えれば「おばさん」と言われ、もちろん恋愛の話はNG。
テレビがそう扱うことで、
社会におけるアラサー女子への「もういい年だね?行き遅れだね?」的時代遅れな認識も変わらない。

でも女子だって年を取るよ。
なんで女子アイドルは辞めることが前提なの?
アイドルがアイドルであり続けることは、どうしてそんなに難しいんだろう。

これは女子アイドル業界の当たり前を壊す、チャンスなんじゃないか?

以上の理由から、
わたしはりりぽんを応援したい。
気持ち悪いオタク(わたし)からしてみれば、合コン三昧とかホスト通いより清純度が高くて推せる。

以上です。非課金のオタクが偉そうなこと言うなって?それは本当にすみません。
大金継ぎ込んでる人は、継ぎ込んでる人だからこその言葉があってしかりだよね。


追記(6/25)
なんか「エンターテイメントにしたい運営」と「恋愛主義のりりぽん」の齟齬が何とも言えない感じになってきた気がする。
「もしかしてこういう構図もあるのでは」と思っていたけど、
それは本人の覚悟がないとできないことだからただただ経過を見守りたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿