2017年6月28日水曜日

LCCはみんなにやさしい乗り物じゃない

車いす客にタラップはい上がらせる バニラ・エアが謝罪
車いすの男性が奄美大島の空港で飛行機に乗ろうとしたところ
搭乗ブリッジ(空港と直接つながる廊下みたいなやつ)がないのでタラップ(階段)であがらなければならず、
同行者が車いすを補助する形で乗せようとしたけど「危険のため辞めてください」という判断、
最終的に階段を腕の力で自力で上がらせる…という事態になったよ。という記事。
「こんな対応をするなんて」と批判され、バニラ・エアは謝罪することになった。

いやいやいやいや…
この記事のポイント
・乗客は多くの空港を利用してきたが、連絡なく車いすで行ったり、施設の整っていない空港だったりしても「歩けないことを理由に搭乗を拒否されることはなかった」と話す。
→今回もちゃんと「車いすです」って事前に連絡したのかという疑問
・そもそも何でLCC乗った?

LCCは価格を安くするため限りなくサービスを削ぎ落したもので、
誰もが使いやすいようにするものじゃないよ。
遅刻したら電車の遅延だったとしても何の補てんもないのが普通、
荷物乗せるのにもお金かかる、
そういうサービスにおけるリスク(安全におけるリスクではない)を払って、
了承したからこそ”安い”という対価が得られるわけでしょ。
わたしはこの記事を見る限りバニラ・エアは”「お乗りいただけないです」と断った”時点で、
LCCとしてちゃんと対応したものだと思う。
それを強行したのは乗客のほうなのでは?
バニラ・エアの最終的な決断が正しかったとはもちろん言えないけど
ちゃんとしたサービスを受けたいのなら、断られた時点でLCC以外に変更するべきだったんじゃないかな。

LCCは「誰にも対応する」わけじゃない、
自分が「このサービスに合わせられる」と思った人だけが乗るもの。
それは差別じゃない。
どちらが良い悪いじゃなくて、「LCCはそういう乗り物だよ」というお話でした。
わたしの意見は以上です。


よん
twitter https://twitter.com/yonusa1
facebook https://www.facebook.com/usakoyonehara/
insta https://www.instagram.com/yonusausa/

2 件のコメント:

  1. うさこさんのご意見同感です
    格安航空会社を利用するにあたっては 健常者 障害者関係なく 多少の不便は納得了承の上で利用すべきです
    その障害者の方が利用を断られたにも関わらず利用するに至ったのでしたら それは自己責任で不便や不具合があっても仕方ないと思います
    サービスが最小限に押さえられてる分格安になっている
    だから健常者にしても同じ危険性のリスクも高くなるかも解らないけど それでも格安を優先するならすべて自己責任です

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    サービスに沿わないようなら、容赦なく断られてしまう…健常者や障碍者関係なく、LCCではそれが当たり前ですよね。
    交通公共機関とはいえ、飛行機ならいろんな制約もあります。
    そもそも「安全に飛行する」が何よりも優先されるべき事項で、
    それを害すわけにはいかないですから。
    LCCがなぜ安いか、安いものを手にするとはどういうことか考えずにたくさんのものを要求するのは危険だなと思います。

    返信削除