2017年9月23日土曜日

激甘とうもろこしピュアホワイト日記

白いとうもろこしって知ってます?
甘みが強く生食もできる、名の通り粒が白いとうもろこし。
その中でも頂点に君臨するのは「ピュアホワイト」…!
果物を越えるほどの甘みを持つ。

7月に最北の海鮮市場で注文したものが、先週やっと届いて
最近めくるめくピュアホワイトデイズを過ごしていたわたしが
その驚異の甘みととうもろこしの鮮度についてレポートをしていく。
こんな感じでやってくる。まるで段ボールの中に広がるとうもろこし畑。
一本抜いて、皮を向いて
白くてツヤツヤの美白ピュアホワイトちゃんをそのままいただくよ。

1日目
衝撃アンド衝撃。毎日砂糖水を与えてたのではと思うレベルの甘さ。
あなた植物じゃないでしょ??怒らないから正直に言ってみ????
実から甘い汁がジュワワー。
おいしすぎるあまり2本食べちゃったけど、食べ終わったころには頭がクラクラした。
不調をきたすほどのうまさ。怖い。悪のスイーツ。

2日目
1日経っただけで「ちょっと甘みが落ちたな」と感じるが、それでもまだまだデザート。
2本食べてもクラクラしなくなったので、悪ではなくなったようだ。

3~5日目
「あまーい!」くらいになり、デザートからフルーツレベルに落ち着いた。
これくらいが食べやすいという説もある。
とはいえ、とうもろこしの常識を逸してることには変わりない。

6日目
おいしいけどあの頃の彼じゃない。
ジューシーさはなくなり、甘さ以外の雑味が目立ち始める。おいしいけど。


とうもろこしの保管で大事なのは「立てて」「冷蔵」!!
冷蔵庫に立てて保存できるスペースなどなかったので常温だったけど
それでも5日は問題なくおいしくいてくれたよ。

ありがとう、ピュアホワイト
またいつかどこかで…。


0 件のコメント:

コメントを投稿