2017年9月25日月曜日

最強のアイドルみ感じる結婚像

台湾に「呉尊(ウーズン)」というアイドルがいた…。
飛輪海(フェイルンハイ)というアイドルグループに所属し、アジア各国で爆発的な人気を誇っていた彼。
飛輪海で出した楽曲は次から次へとヒット。
単独で俳優業も行い、「東京ジュリエット」「花ざかりの君たちへ」「イタズラなkiss」と台湾の人気ドラマにも引っ張りだこ、
日本で制作されたドラマ「金田一少年の事件簿」にもゲスト出演していたほど。

しかしそんな彼は2013年、とある発表をする。
「実は嫁と子どもがいて、第二児も生まれる予定です」
突然の電撃発表にアジア中のファンが大騒ぎ。
これがまたスゴいんだよね。
・18年間付き合った初恋の相手
・相手はブルネイ国王弟の娘
・「ファンの方がいないと今日のウーズンはいないよ」と言ってくれるアイドル業への理解も◎

もう、この情報から漂う半端ないお手上げ感。
これはもう「あ、じゃあしょうがないっすね」って泣きながら笑うしかないな~~って思ったんだけど
当時の日本のファンの反応見たら「噂出ても否定してたじゃん。騙してたの?」「いきなり子ども自慢されてもついていけない。マジ無理」とブチ切れてたので
アイドルしながら結婚をすると言うことにやはり平穏な道はないのかと思いながらも
しょ~~~~もない女とクラブで遊び散らかしてフライデーされたり、
遠回しに付き合ってることをSNSで匂わせられたりするより遥かに尊くないですか…?と疑問を投げかけたい。
日本で言うと橘慶太もそうだったよね。

一般男性でも「長年一途に交際を続け、最終的に結婚を選ぶ」なんてなかなかないのに
ましてや引く手あまたのイケメン芸能人が実現させる奇跡中の奇跡
わたしは熱いファンじゃないから綺麗なところだけ見えているのかもしれないけど、
奇跡を見せてくれてありがとうってスタンディングオベーションで拝みたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿