2017年12月5日火曜日

LCCの追加料金はTSUTAYAの延滞料金みたいなもの

台湾で日本に帰るため、タイガーエアに乗ろうとしていたとき事件が起きた。
わたしの荷物はいつの間にか台湾で増殖していたらしく、キャリーケースとリュック合わせた重さが上限を超過してしまったのだ。
タイガーエアの持ち込み荷物の上限は10キロ(端数切り捨て)なので、2キロがわたしを阻んでいる。
「友達といるならシェアしてもいいけど、もし預けるなら追加料金よ」とのこと。
「ちなみに預ける場合はいくら?」と訊くと、
「1500」と。

え?意外に安いやん!
じゃあ預けよう!と思ったわたしの心はすぐに打ち砕かれた。

「もちろん台湾ドルね」

大体1ドル4円なので1,500ドルは6,000円…。下手すりゃもう一回台湾に行ける。

あらかじめ荷物預かりにしておけばもっと安いけど
当日カウンターにて荷物預かりにチェンジする場合はとってもとっても高い。
LCCにとっての追加料金はTSUTAYAにとっての延滞料金だったんだね…!

わたしは決意した。
身に着けよう。

荷物の中で一番重たいと思われるぶかぶかトレーナーを着て、財布をぽっけに詰め込んで…と努力を重ねた結果、減量に成功。
反比例にモコモコになったわたしをあたたかく迎えてくれたのでわたしはこれからもタイガーエア。


よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿