2018年2月22日木曜日

海外のみんなが陥ってるやつこれや

海外でも広く受け入れられている日本の漫画。
漫画をそのまま真に受けて「日本はこんな国なんだ」と誤解するひとがいる。
NARUTOを読んで「日本には忍者がいる」と思う人がいる。

その現象を、これまで他人事のように見てきたけど…。

今、わたしがハマっている無料で漫画が読み放題のアプリ「XOY(ジョイ)」
作者は韓国人が多いらしく、日本とはお隣ながらも全然違った考え方や文化が楽しめる漫画が多い。
韓国へ訪れたことがないわたし
まんまと漫画に出てくる韓国を信じつつある。

わたしが読んでいるのは3つ
ブサイクがイケメンの体を手にする「外見至上主義」
おでぶちゃんなのにイケメンしか好きになれなくて辛い人生を送る「私が君を好きな理由」
ブサイクがコンプレックスだったから整形しまくったけどそれはそれで人生楽じゃない「私は整形美人」

共通するのは「めちゃくちゃ見た目で判断される」ということ。
それが内面の成長の話へと変わっていく様が美しいんだけど、あまりにも多くの人間が「見た目で判断する」だけでなく「ブサイクを包み隠さず嫌悪し、美しいものを分かりやすくもてはやす」ので
韓国っていうのはさぞ大変な国なんだろう…!と思わずにいられない。
本当にブサイクなデブは生きてるだけで罵られるシビアな世界なの…?????

ただ読んでいく中で、現代の韓国においてそれだけ「美」が意識の中心にあるんだな…っていうのは、すごく伝わる。
日本でも世界のどこでも見た目は重要なファクターだけどその比じゃない。

「美に厳しすぎる韓国」という認識、「日本に忍者いる現象」に陥っている可能性もあるけど、
異文化に触れられる海外漫画すごく面白いのでXOYはオススメ。
http://xoy.webtoons.com/ja/

よんうさこ
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿