2018年2月5日月曜日

wechatで得られる現地通貨がある

その時わたしはモロッコで困窮していた…。
昨今では渡航した際、街のATMでクレジットカードを使ってお金を下ろすのが手数料も少なくて済むし賢くていいよね☆的な風潮になっていると思っていたのだが、
モロッコではどう頑張っても全然クレジットカードが使えず、
持っていっていた日本円も既に使い果たしており、極貧生活を余儀なくされていたのだ。

わたしはある光景を思い出す…。
あれは中国へ訪れた昨年のこと。
友達が突然全く知らない人に話しかけてこう言った。
「わたしは今現金がなくて困ってます。wechat payで払うので、現金をいただけませんか」
wechat payは日本でいうLINE payのようなもので
クレジットカードや銀行口座に紐づけしてキャッシュレスでお金をやりとりすることが出来る。
屋台や八百屋なんかも含めた全ての店舗ではwechat payが主流になっており、
現代の中国では現金を持たない若者は本当に多い。
店舗では貼りだしてあるQRコードをスキャンして支払金額を入力し相手にその画面を見せることで支払い完了となり、
人相手の場合は友達になると写真を送るアイコンなんかと一緒に「送金」アイコンがある。
日本のような送金を拒む法律がないので、超簡単にお金のやりとりができちゃうのだ。

そこでわたしは恥を捨ててモロッコで片っ端から中国人に
「すみません。wechatで払うので、現金を頂けないでしょうか」と話しかけた。
大丈夫。相手は自国でそういうことをする土台があるから!!!
ただ「ごめんそこまでこっちも現金がなくて」と断られ続け、
ようやく4組目で神の一声がいただけた。
「いいよ」

神だ~~~~~~~~!
こうしてわたしはクレジットカードも使えずどこの通貨も持たない崖っぷちの極貧状態から
現地通貨500dhを手にしたのでした。この説は本当にありがとうございました。

今回は天使のようにやさしい中国人に巡り会えたけどわたしからお伝えする教訓は以下です
海外においてクレジットカードは信用ならんから何らかの通貨を多めに懐に忍ばしておけ。

よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿