2018年3月2日金曜日

モロッコのお食事~本場のタジン~

モロッコではどんなものが食べられるかについてまるで話してなかったので
モロッコのお食事についてお話したいと思う。

モロッコのソウルフード

タジン鍋。
数年前に日本でも流行った、独特の形が水蒸気を溜め込んでくれるおかげで水を入れなくてもあらビックリ蒸し料理が出来るというアレです。
わたしは日ごろからタジン鍋を愛用しているので、「本場に来たァァー!!!」という気持ちだった。
牛や鶏、羊、ケフタ(牛や羊を使ったモロッコ風ミートボール)の上にジャガイモ・瓜・にんじん(三種の神野菜)を積み上げるのがスタンダードなモロッコタジンスタイル。
味付けは塩やスパイスで、お肉のお出汁が出ててもれなく汁までうまい。飲み尽くしたい。

ちなみに同じ店でクスクス(小さな粒状のパスタ)を頼んだらこんなのが出てきました。
ほぼ一緒やないかい!!!

モロッコではあまりお野菜にバリエーションがないので、大体毎日にんじんじゃがいもとは顔を合わせる。
さらに鉄板なのはオリーブ。さすがの地中海やで~
朝から晩まで食事には120%欠かせないし正気か疑いたくなる量出てくる。まじで?モロッコ人はこんな量を食すの?
これまでオリーブ=苦手と思って生きてきたんだけど、オリーブの種類や漬け方によって味が全然違う。
わたしはあっさり漬けてあるオリーブは大好きでえげつない量あってもパクパク食べれることに気付いた。一口にオリーブといえどピンからキリまである。
オリーブは抗酸化作用があるし、血液サラサラにするし、貧血予防にもなるし、仲良くしたい栄養素。お通じもよくしてくれる。
乾燥地にも関わらずお肌がスベスベでいられたのはオリーブのおかげだったのかもしれない。


よんうさこ
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿