2018年1月30日火曜日

どうしても外人に絡みたがるモロッコ人たち

モロッコの街中を歩いていると、当たり前にいろんな人たちが話しかけてくる。
それはもう「知り合いですか?」と言いたくなるくらい道路の反対側だって構わず話しかけてくる。

とにかく話したがる彼らのいろんなパターンを紹介します
【パターン1】人種を聞いてくる
「ジャパン!?チャイナ!?」

【パターン2】知ってる単語を出してくる
「コンニチハ!アリガトウ!ニーハオ!」

【パターン3】過去形を使いたがる
「スゴーイ!スゴ、カッタ!カワイイ!カワイカッタ!!」

【パターン4】知ってるニッチな単語を出してくる
「ドロボウ!!ビンボウザムライ!!!!」
どこで覚えたんだ。

商売人はもちろんだけど、ただの通りすがりもみんな話してきたがる。
最初は「何か魂胆があるのか」と疑っていたけど、途中で「なるほど。好奇心か」ということに気付いてからは適当コミュニケーションが結構心地よくなりました。
いくら日本人観光客が多いとは言え、アジアの片隅の挨拶知ってるのすごくない?ありがたくない????
わたしも訪日外国人を見かけたら積極的にコミュニケーションを取っていきたい。


よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿